学び方

手本をそっくりに 「まねる」ことから始まる書を「学ぶ」とは · · ·「まねぶ」=「まねる」ことから始まる

「敷き写しはダメです!」って言われた記憶ありませんか?

一時期に「敷き写しをしてはいけない」という意見が一部にあり、
そんな教育を受けた人もいるかも知れません・・・しかし、それは間違いです。

書道用語に、「模書」といって、手本を隣に置いて習うだけでは、
学びとれないことをなぞり書きで学ぶ方法があります。

一点・一画を丁寧になぞり、形や筆づかいを手本から学びとるのです。
この方法は昔からある立派な書の上達法のひとつです。

毛筆手本の学び方

お手本ドットコムでは、「なぞり書き」→「敷き写し」→「清書」の学び方をご提案しています。
実際にお手本の上をなぞり書きすることで、筆の動きや流れ、力の入れ具合などが
よくわかります。字形を覚えるには、なぞり書きが一番です!

半紙手本

1syohin

2syohin

3syohin

4syohin

5syohin

6syohin

7syohin

8syohin

9syohin

半切4分の1・半切(条幅)手本

半切4分の1サイズ以上のお手本は、原寸手本を2枚お届けします。
※半切4分の1サイズ以上の敷き写し手本は、コート紙ではありません。

manabikata1

ペン字硬筆手本の学び方

なぞり書き用のお手本です

otehonnazorigaki

nazorigakiyou2

1.丁寧になぞって字形を学びます


お手本です

otehon

otehon2

2.隣に置き、参考にしながら学びます

添削・段級位検定をぜひ、ご利用下さい!

なぞり書き、敷き写しで学習したら、添削・アドバイスを受けてさらに上達!

お手本ドットコムでは、あなたの実力もしっかり証明!
書法研究會が検定を行い、段級位の認定を行います。

手本ドットコムのお手本は、小・中学校や高校書道部、
放課後クラブでもご活用をいただいております。

また近所の子どもたちに書道を教えることにしたので、
お手本が欲しい…という方もいらっしゃいます。

こんな方はいませんか?

学生のころまで続けていたのだけれど…最近は書いていない。

教えて欲しいと言われているけど、免許も持っていないし…

下の写真を見てください。

初めて筆を握った二人でしたが、

筆の持ち方、姿勢、そして何より上手だねぇ♪と褒めると、

目を輝かせて一生懸命書き上げました。

ちょっとのコツを教えてあげるだけで
子どもたちは楽しみながら、しかも上手に書いていきます。

ぜひ、書道経験のある方は、教えてみませんか?

naotaku1

▲TOPに戻る